川の道2014 2日目

波久礼駅前を過ぎると国道を離れ静かで暗い裏道へ。小雨が降り続きしっとりしている。
以前はこの先にもセブンイレブンがあったが無くなっていた。前後には誰もいない。
深夜で車は全く無かった。人影も皆無。

裏道から国道へ戻り秩父市街地へ進む。緩い上りが続く。
CP7上野町交差点(129.8km)を2:50に通過。
去年は4:50だったので2時間早い。
コンビニで軽く食べて歩いているとM嬢が元気に追いついてきた。テンション高い、何だろうね?この後まほーばまで一緒に進む。
この先は、初めて通るコースなので2人のほうが間違う確率も下がる。

上りが始まり、走りと歩きを交えながら進む。路を間違って戻ってきたU氏に合流。眠そうだ。
明るくなった。山に入る前の市街地はコンビニが充実していた。この先、峠を含む40km弱はコンビニが無いので十分に補給する。
この辺りで川の常連かつ上位のN氏やSちゃんさんに追いつく。両氏ともゆっくりだが休まない。

最初の峠、800m程の上り。歩きと小走りを交えて進む。自分は早歩きは苦手で小走りが多い。
途中、足を負傷したZさんに遭遇、肉刺がひどいらしくスリッパで歩いていた。
上るにつれて振り返ると進んできた道々が山間にずーと見えた。何川かは分からないが源流が近い。この水も荒川に合流し太平洋へ注ぐのだ。

雨はすっかり上がり晴天で気持ちよい。涼しいうちに峠についた。
CP8志賀坂峠(168km)8:20到着。スタッフがいてコーラを頂いた。
トンネルを越えると群馬県、頂上付近には残雪が少し。

レストポイントまで残り17km、疲れてきた。下りはゆっくり進む。
別の川の流れ(神流川)を見る。この水は利根川に合流し太平洋へ注いでいる。
恐竜の足跡遺跡を過ぎて渓谷横路を進む。
かなり疲れて、まほーばの森の入り口に到着。
酒屋の自販機でコーラを飲んだ。
かなり傾斜のきつい200mを上り、まほーばの森に10:27到着。
現在10位との事
まほーばって、魔法場かと思ったら馬放場だそうで。
丁度、トップのM氏が出発するところだった。
調子がいいみたい、小諸で寝るために先を急ぐそうだ。

コテージに行くとハーフに参加している愛知のTさんがトイレにこもってた。
こちらも足は負傷していたが調子はいいようだ。
さっと風呂に入り、洗濯して食事を済ませ、足のケアをして寝た。
足はふやけていたが、肉刺などは無かった。
うまいこと2時間で目が覚めた。

ゆっくりと準備。ここからは靴を変えた。ターサーからHOKAへ。
2度目の夜に備えて寒さ対策も入念に。
デポしておいた食べ物を充分に詰め込んで14:30に出発。
滞在時間は4時間。1時間以内に出発した人はいないとのこと。
ZさんとWくんという強剛2名がここでリタイヤとのことで見送ってくれた。

吊り橋を渡り、国道に戻る。しばらくはモグモグしながらゆっくり進む。
しばらく進むと2つ目の峠、ぶどう峠に。ここは全部歩いた。
なかなかしんどい峠だ。
暗くなり始めた18:30に峠に到着。
カメラマンと私設エイドがあった。ありがたい。

すぐに暗くなるため早めにエイドを後に。
下りはゆっくりと進む。
すぐに真っ暗になりライトをつける。
しばらく進むとNさんに遭遇、付かず離れずで進む。
今年の長野側は全く寒くなく、夜でもぼんやりしてしまう。
途中で気持ちよさそうなバス停で横になり目を閉じてみるが眠くはないようだ。
国道に出るまで約20kmだが随分長く感じた。
CP11小海大橋交差点225.6km 22:00通過。

国道に入り車が多くなる。
歩道は細かなアップダウンが多くなり注意が必要。
それにしてもHOKAは良い靴だなと。
小石や段差が全く気にならずに衝撃から足を守ってくれる。

暖かいおかげか段々と眠くなってきた。
コンビニで先に進んでいたM嬢を見かけ合流。
自分も眠気覚ましを飲んで、ガムをもらう。
Nさんも眠かったらしく、眠気醒ましを飲んでいた。
M嬢がしばらく寝るとのことで先に行く。
日付が変わる。
3日目へ続く。