第一回三浦半島縦断トレイルラン

2/19に開催されたのに今頃書いてみる。

始発にのって港南台駅に到着。駅から5分ほどで野球場の受付場に。寒い。気温は10度前後か。上着を脱ぐのが辛いので、モジモジしてるとスタート30分前になったので渋々準備。

荷物をあづけるビニール袋を持ってきていなかったので、受付あたりでもじもじしているとスタート。。完全に出遅れる。年齢順でウェーブスタートらしいが、よくわからん。適当にスタートして追う。

しばらく歩道を走ってから裏道に入る。幼稚園の応援が可愛い。あんまり抜かれる事はないのだが、たまに猛烈に早いひとに抜かれる。道が狭いので抜くのも大変だね。走ると暑い。ウィンドブレーカを脱いでいると抜かれまくる。

このコースは初めて走る。いろいろな方が試走して迷いやすい事は知っていたが、本当にわからん。分岐に目印がほとんど無くわかりにくい。立ち止まることもしばしば。しばらくすると、毎度同じく腹が冷えて、いつものように道をそれて大をする。だいたいこれで5分のロス。いつものことなので仕方ない。

変な岩場とか竹やぶとか、人ん家の軒先とか、ズブズブの泥地など変化に飛んだコースで楽しい。コースがわからないので人についていくことが多く、自分のペースよりもゆっくり走り、これが結構良かったみたいでリラックスして走る。中盤以降、一人になることが多かったが、ありがたい事に目印とか、コース上の足跡をたよりになんとか走れた。

チェックポイントの指差し込み方式は初めてだったが楽しいし、わかりやすいかも。ピッって。エイドではバナナとオレンジを食べた程度。手作りレースにしては充実したエイドだった。水分はアクエリアス500ml+水1Lだけで十分だった。行動食はジェルを4つ食べた。パンも持っていたが食べなかった。荷物はもっと減らせる。

海の見える気持ちのいいチェックポイントを過ぎてしばらく行くとキャベツ畑に入りロードを海に下る。海に出ると浜辺のコースを2km走る。途中で河を渡り、泥は落ちて綺麗になるがすっかり濡れてしまう。凹む。最後の数百メートルは砂に足を取られながらもダッシュ。ハムストが悲鳴をあげる。砂浜に旗を立てただけの簡単なゴールに飛び込む。

記録は5時間1分。年代別27位/完走215人。トップが4時間3分なので約1時間の差。うーん、大きいな。でもあと20分は短縮できるな、このコース。サイトに記録表が乗っていて詳細で面白い。よくわからん数字もあるが。。

ゴール地点から荷物置き場まで徒歩10分ぐらいですが、これまたわかりにくい。。地元の人たちに聞きながらたどり着く。替えの靴を持ってきていなかったので、じめじめしたまま帰る。三浦海岸駅から品川まで一本なので帰りは楽。せっかくならおいしいものでも食べればよかったな。マグロカレーとか。。走ってすぐはたべれませんけどね。。来年も開催されるのであれば出てみたい大会です。