UTMF試走 天子山地→本栖湖

試走の前日に後半コース詳細が発表されたが、ここは尾根道コースなので迷うとすれば本栖湖への下りぐらいか。
初めて縦走するコースだったが、きれいで静かで素敵なトレイルだった。
曇りなので展望は悪かったが、毛無山山頂に出ると雲の上に富士山が見えた。

白糸の滝P(有料200円/日)に車を止めて6時前にスタート。
天子ヶ岳への登りは整備されており進みやすかったが、本番では100km過ぎてからのこの登り。キツイだろう。
まだ6時過ぎなのにすでに暑い。汗を垂らしながら約1時間半で山頂(1330)。
ここからは走れる尾根道のトレイル。小さなアップダウンを繰り返し徐々に高度を上げていく。
途中、熊森山へ至る道中で爪あとをたくさん見かける。熊鈴必須。

地蔵峠の手前で左側に崩落している箇所が有り、夜は特に注意が必要。
手前に木が横たわっており、飛び越えて着地した足元横に獣の糞があった。
何というトラップ!糞に驚いて滑落するところだった。糞は谷底へ落としておいた。

地蔵峠(1550)少し先の標識から左に下ると水場があるのでチェックしておいた。
本栖湖までエイド無しなのでこの水場は重要。
水量は普通。UTMF本番でも枯れて無いと思う。
ここから毛無山への登り400mは、UTMF最高地点(1946?)へ向かう傾斜もキツメの登り。
どんなものかワクワクして登ったが、案外サクッと登れた。登りやすい。
頂上は雲の上で見晴らしも良かった。
ここまで約5時間15分。本番では7時間程度か。

雨ヶ岳への下りに入るとすぐに残雪濃い地帯へ入った。
本番までにこの雪は無くなるのだろうか、というぐらい残っていた。溶けてもベタベタ地帯だろう。
靴に滑り止めを装着して下る。凍っている箇所も多いのでまだ必須。
30cmほど踏込む箇所もあり、スパッツもあったほうがベター。
一部トレイルが不明瞭で、黄色と赤のマーク、足跡をチェックし、地図、コンパスで方向を確認して下った。

残雪は雨ヶ岳手前で終わり。ここから笹の根が多い急斜面を下るので、根かかりに注意。
一直線に下るかと思っていたが、竜ヶ岳への登り返しは意外だった。
その先は本栖湖へ一気に下る。
約8時間の縦走を終了。本番では10時間半ぐらいか。
この区間、遅い選手のスケジュールでも11時間程度だから、大丈夫かな自分(笑)

白糸の滝 5:55
天子ヶ岳 7:23
長者ヶ岳 7:44
天狗岳 8:30
熊森山 9:13
地蔵峠 10:11
毛無山 11:11
雨ヶ岳 12:43
竜ヶ岳 13:40
本栖湖 14:03

本栖湖→白糸の滝のバスは1日に数本しかなく14:07発の次は18時台。
間に合わなかった(笑)。
ゆっくり昼ごはんを食べて、約19kmのロードを走って戻った。
元々は有料道路のR139、歩道が一部しかなく危険なジョグだった。
熊よりトラックのほうが怖い(笑)