おんたけ100mile 2012 DNF

まさかのDNF!
カンピューターでは雨は降らないだったので合羽を用意していなかった。
予想に反して雨はスタート前からしょぼしょぼ降り出し、夜通し降り続いた。
時にザーザーと激しく降りまくり、完膚なきまでにズブ濡れ。芯まで冷えた。

70k付近のエイドを出るころ夜が明けて明るくなった。
日が昇れば暖かくなるだろうと予想してたが、日は出なかった。
ボチボチと走って食べてるうちは良かったけれど、80kあたりで嘔吐。
ジェルを全部吐いてしまった。
胃が痺れてヤバイ感じ。
いつもは吐いたらスッキリして調子が上がっていたので、しばらく様子をみるために歩き出す。
山の開けたところに出ると風が吹いていて、さらに冷えた。
鳥肌半端無い。
手が白い。指先をギュッと摘まんで3秒しても赤くならない。
脱水か?低体温か?
気温が上がれば復活するかもしれない。
じっとしているとヤバイと思い歩いて進む。
リタイヤするにも、進むか戻るしか無い。

うぐいすの鳴き真似を練習しながら気を紛らわしてみる。
少し食べてみるも、気持ち悪くて喉を通らない。
天然エイド水がこれまた十分に冷えてて辛い。
100k地点を越えて、102k地点のエイドまでの距離の何と長いことか。
肉刺が痛んで下りも辛い。

102k地点の第二関門で制限時間20分前だったがリタイヤ申請。
小屋のストーブにあたって暖をとった。
車に乗って下山するころに日がさしてきた。皮肉なもんだ。
ゴール地点で荷物を受け取り、宿の風呂で生き返った。

去年も一昨年も小雨からのピーカンだったの今年もその展開と思っていたら大失敗。
装備不足は自分の責任である。
山に行く時には合羽は必須です!