奥多摩周遊99k 2012

今年も参加してきた。

先週のおんたけギブアップのダメージが残っていたので、止めとこうかとも思ったが何とか頑張った。
天気予報は小雨のち曇りだったので、先週の反省を早速生かし合羽必須だろうと着ていったが、
蒸し暑かったので脱いでスタート(教訓生かせず?!)

気温は低く涼しいが、道々はしっとり濡れててスリッピー。
トレイルを抜け、川沿いを進み、奥多摩駅過ぎてからむかし道に入る。
涼しくて快適に走れる。
3人で進んでいたが、トイレ休憩から一人になる。
むかし道をドンドン登って行き、民家の脇を抜けて、でかい蛇を越えて奥多摩湖に到着。
その頃には肉刺が育ってきてペースが上がらない。
有料道路入り口エイドでゆっくり休憩。靴下を脱いでワセリンを塗った。
その間4人ぐらいに追い抜かれる。

ここから14kほど登り。
ここは木陰が少ないため、去年のピーカンに比べると快適に進めた。
今年は車も少ない。
気温は13度と低いが、それでも汗を大量に流しながら月夜見駐車場を約1時間で通過。
60k地点の都民の森に7時間20分で到着。
補給しておにぎり2個をバッグに突っ込み直ぐに出発。

ここから30kの下り。
肉刺は多少痛むが比較的快適に走れた。
途中一人追い越す。
1時間に1回ドリンクとフード補給のため立ち止まる以外はキロ6分弱ペースで走り続ける。
徐々にペースが落ちてきて腕に痺れを感じた。
五日市市街のコンビニで補給。
レッドブルx2、アミノバイタルジェル、クリームパン2個。
レッドブルはやっぱり効く。
何とかペースをキープしながら進む。

青梅までの小さなアップダウンは全部走りきった。
途中一人追い越す。
去年の駅ゴールと違って橋本旅館がゴール。
11時間24分 5位らしい。
去年よりも大幅に短縮できたのは天気の影響が大きい。
ゴールしてもあまり食欲無く、風呂に入ってすぐ帰宅した。
今年も肉刺には苦しんだので対策を考えたい。

良かった点
・ダルいなりにも走った
・補給がわりと適正だった
・肉刺との付き合い方がうまくなった

悪かった点
・覇気がなかった
・楽しめていない