2013年の総括

まだ色々書いてない大会もあるが、もう時間が無いので(汗)まとめてここに書く。

何と言っても今年は怪我に苦しんだ。
4月2週目にロングトレイルをしたときに左足をひねってしまい、それから踵に変な違和感を感じるようになり、川の道でトドメをさした。しばらくじんわり痛い程度だったのが、夏頃からかかとよりの足底筋に瘤のようなものができ、これが痛んだ。
それが原因か、かかと全体からアキレス腱にかけて筋肉が固く、張ったような感じが半年ほど続いた。
短時間ならばまだしもロング走は辛かった。
鍼治療や湿布などで治療した。ストレッチも頻繁にやった。
2ヶ月間100km/月以下に練習を抑えて様子をみていたら徐々に瘤も小さくなり、痛みもひいてきた。
今は足底筋の痛みはほぼ完治した。
半年以上違和感を感じていたので直ってよかった。
長かった。。健康が大事だなと改めて思った。
普通に走れることは幸せな事だ。
が、また、別のところを痛めている。
ヒラメ筋と臑の繋がっている部分。
先日のロング走が原因か。

とにかく、今年は怪我で苦しんだので、色々な大会の結果は不本意だ。距離も伸びなかった。

総距離3937.270km  432:55’04時間 スピード7.7 km/h (07’47 /km)

参加大会
1月 谷川真理ハーフ(1’30) 勝田マラソン(2’56)
   勝田は2度目のサブスリーだがあまり納得いくレースは出来なかった。コースのカーブの多さに苦手意識を感じた。

2月 おんじゅくオーシャントレイル(1’12)

3月 小江戸大江戸202k(25’20) ITJ(9’16) 板橋シティ(3’01)
   小江戸大江戸は思いもよらず走れて9位。翌週の伊豆は筋肉痛で苦しんだ。

4月 エコジャーニー12耐(80km)、UTMFボラ、川の道414kDNF
   川の道は最初から体調が悪く(貧血)苦しんだ。体調不良で走りきれるほど甘い大会じゃない。不調なりに限界まで進んだ。いろいろな方々にお世話になり思い出いっぱいの大会。

5月 トレイル越生(5’35)
   川のダメージで苦しむ。越生トレイルもふらふらだった。

6月 夢の島24耐(144km)
   足底筋からアキレス腱が固くなって動かない。

7月 3種目(5km 21m,full 3’52,8h 64km)分水嶺トレイル(33’15) 奥武蔵(遅刻して記録無し)
   今年楽しみにしていた大会の一つが分水嶺トレイル。足の不調で満足に走れなかったけど、普通のトレイル大会とは異なる、自分好みの大会で実に気持ちよかった。来年も参加したい大会。

8月 南アルプス縦走 これについては下記に別途記載

9月 痛みが慢性化したため練習を減らす

10月 草加5時間走DNF 風邪でまともに走れず

11月 神宮24耐久119km 大田原マラソン3’16
    神宮は練習不足、足の故障、風邪気味でまったく走れず不甲斐ない結果に
    大田原は苦しかった

12月 ユニバウィンターチャレンジ70km x 2日

8月の縦走記録
10(土)韮崎の御座石鉱泉-鳳凰山-早川尾根-ビバーク
11(日)アサヨ-駒ヶ岳-仙丈ヶ岳-ビバーク
12(月)三峰ヶ岳-熊ノ平-塩見岳-三伏小屋テント場
13(火)鳥倉登山口へ下山
詳細はこっち
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=4be16c79c92e8674bdfaedad027ee455
2500オーバーの山々を縦走するのは初めて。
仙丈ヶ岳からはTJコースを辿る。
夜動けばもっと南下できたけど、訓練のためあえて寝てみた。
結論 夜は寝ない方がいい。
シカがうるさいのと寒さでほとんど眠れず。
腹が冷えて下痢。
結露もひどい。朝にはビチャビチャに。
エスケープビービーの威力を知る。
箸を忘れて小枝で食べたけどこれも下痢を助長か。
南アルプスの北側と日本アルプス壮観地図を間違えて持参して実に大雑把なアルプスだった。
水は2L保持してたけど、水場が少ないので場合によっては2Lでは足りないかも。
小屋食はあまり充実しておらず。

————————————

8月以降は子供が産まれた事もあり大会は少なめにしていた。

練習できていない結果は直ぐに大会で現れて裏切らないな。。
こんなに走れなくなるなんて。。。
大きな故障を乗り越えられた(はず)なので、今後は無理なくメンテナンスや予防しながら走りたい。
きっと何かを学んでいるはずだ。
また、来年はいろいろと忙しくなりそうな予感がするので、うまく走る時間を捻出して2012年のせめて8割までには持って行きたい。